豊鋤入姫命(台与)は都を鳥取県中部(倭)にもどした

 景行天皇(屋主忍男武雄心命)は倭姫命が亡くなった後、都を奈良の纒向に移したが豊鋤入姫命は都を鳥取県中部(倭)に戻した

1 魏志倭人伝に「卑弥呼は死に、塚を大きく作った。直径は百余歩。徇葬者は男女の奴隷、百余人である。さらに男王を立てたが、国中が不服で互いに殺しあった。当時千余人が殺された。また、卑弥呼の宗女、十三歳の壹與を立てて王と為し、国中が遂に安定した。張政たちは檄をもって壹與に教え諭した。壹與は大夫の率善中郎将、掖邪拘等二十人を遣わして、張政等が帰るのを送らせた」とある。
 「梁書倭国伝」「北史倭国伝」では「臺與」と記述されている。「壹與」は正しい表記ではなく「臺與」(とよ)が正しいと思われる。国史で「とよ」とは豊鋤入姫である。もともと倭姫命と豊鋤入姫命の巡行は時代も目的も違うものであった。藤原氏は伊勢神宮の由緒を創るために、同じ目的で引き継いだとする倭姫命世記を創作した。順番も書き換えた。日本書紀の系譜も書き換えた。

2 10代天皇から12代天皇までの問題となる系譜
⑴ 崇神天皇(本拠地は岡山県津山市中山神社)
皇后:御間城姫(御真津比売命) - 大彦命(孝元天皇の皇子)女
活目入彦五十狭茅尊(垂仁天皇)
妃:遠津年魚眼眼妙媛 - 紀伊国荒河戸畔女(津山市出身)
豊鍬入姫命(史実は垂仁天皇皇女であった)
⑵ 垂仁天皇(本拠地は岡山県美咲町大宮神社)
皇后(後):日葉酢媛命(丹波道主王の女)
五十瓊敷入彦命
大足彦忍代別尊(景行天皇)
倭姫命(史実は孝霊天皇皇女であった)
妃:迦具夜比売(かぐやひめ)。 - 開化天皇の曾孫(ひまご)。かぐや姫のモデル説有
袁那弁王
⑶ 景行天皇(屋主忍男武雄心命)皇居は纒向日代宮
皇后(前):播磨稲日大郎姫 - 若建吉備津日子女 この位置は津山市にいた影姫であった
大碓命 - 身毛津君(牟宜都国造)等祖
小碓命(倭建命=若日子建吉備津日子) この位置は武内宿禰であった
妃:迦具漏比売(かぐろひめ)。 - 倭建命の曾孫(ひまご)。
大江王(彦人大兄)
 古事記によれば80人の御子がいたことになっている。また、古事記では「倭建命(小碓命)の曾孫(ひまご)の迦具漏比売(かぐろひめ)が景行天皇の妃となって大江王(彦人大兄)をもうける」とするなど矛盾があり、このことから景行天皇と倭建命との親子関係に否定的な説がある。
 また、景行天皇自身に纏わる話は全くと言ってよいほど出てこないので、景行天皇が実在した可能性は低いとする説も少なくない。

3 私見
 景行天皇は106歳まで生きたのだから皇子のひ孫を「妃」と出来るかもしれない、という説があるが、不可能である。迦具夜比売(かぐやひめ)と迦具漏比売(かぐろひめ)は姉妹であったと思われる。「迦具夜比売(かぐやひめ)は開花天皇の曾孫(ひまご)」とある。これは倭建命と開花天皇が同一人物であり、倭建命は景行天皇の曽祖父くらいの先祖であったからである。
 このように、古事記・日本書紀の系譜は改ざんが多い。豊鋤入姫命も倭姫命も改ざんされている。豊鋤入姫命の父は垂仁天皇であり、倭姫命の父は孝霊天皇であった。
 また、藤原氏の八幡神社の祭神にするために原本では武内宿禰と書かれていたのを倭建命と入れ替えた。したがって、大碓命・小碓命の物語も大吉備津日子(崇神天皇)と若日子建吉備津日子(開花天皇)をモデルにした創作であった。小碓命(倭建命)の位置には武内宿禰が書いてあった。
 景行天皇も実在せず、その時の倭国大王は屋主忍男武雄心命であった。

4 魏志倭人伝によると「国中が服さず、更に互いが誅殺しあった」とある。なぜ、男王に服さなかったのであろうか。
 崇神天皇、垂仁天皇の活動本拠地は岡山にあったが、皇居は鳥取県湯梨浜町(師木)に置いていた。景行天皇(屋主忍男武雄心命)は皇居を奈良の纒向に遷し子孫を増やすことに専念していた。
 倭姫命が女王の時代、神道の各地の代表者は奈良の纒向に集まり倭姫命の祭祀に参加していた。しかし、倭姫命が亡くなり、景行天皇(屋主忍男武雄心命)が纒向に立つと倭姫命のようにうまく祭祀ができなかった。倭朝廷に深く関係する一族のいた地域では失望して誅殺しあった。景行天皇(屋主忍男武雄心命)は国中が不服の状態を見過ごすことはできず倭姫命に代わる女王を立てなければならなかった。景行天皇(屋主忍男武雄心命)は妹の豊鋤入姫に誅殺しあっている地域を巡行させ、鳥取県中部(倭)に本拠地を置かせることにした。
クリップボード35.jpg
 豊鋤入姫(台与)は鳥取県北栄町下神の三輪神社で祭祀をしたあと、倉吉市鋤集落を本拠地にした。
 豊鋤入姫命の母は遠津年魚眼眼妙媛であり紀伊国荒河戸畔の娘である。紀伊国のもとは御真木国であり津山市であった。垂仁天皇の本拠地は岡山県の美咲町大宮神社にあったから津山市出身の遠津年魚眼眼妙媛との間にできた豊鋤入姫命は岡山県美咲町で生まれた。

5 豊鋤入姫の甥の武内宿禰は13代倭国大王となり、鳥取県北栄町原の元野神社に皇居をおいた。父親ほどではないが多くの御子を作った。
 武内宿禰の生まれについて景行天皇紀によると、天皇は紀伊(御真木国=津山市)に行幸して神祇祭祀を行おうとしたが、占いで不吉と出たため、代わりに屋主忍男武雄心命が遣わされた。そして武雄心命が阿備柏原(津山市)にて留まり住むこと9年、その間に影媛との間に儲けたのが武内宿禰であるという。古事記では「木国造の宇豆比古の妹の山下影日売を娶って建内宿禰(武内宿禰)を生む」とある。
 紀氏(木氏)系図では、孝元天皇皇子に彦太忍信命、その子に屋主忍雄命、その子に武内宿禰と甘美内宿禰とする系譜を記載する。
 梁書倭伝に「また卑彌呼の宗女、臺與を立てて王にした。その後、また男王が立ち、並んで中国の爵命を受けた」(復立卑彌呼宗女臺與為王 其後復立男王並受中國爵命)とある。
 この男王は武内宿禰大王であった。記紀の神功皇后のモデルは豊鋤入姫命と思われるが、百済色に強く染めてあり、新羅と兄弟国であった倭の姫とはかけ離れている。百済が新羅を攻めた時のことを原古事記にあった豊鋤入姫の事績を用いて創作した物語が神功皇后ではないかと思われる。藤原氏による改ざん創作物語である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント