テーマ:閑話休題

鳥取県中部の古代人は身体に朱丹を塗っていた

鳥取県中部の古代人は身体に朱丹を塗っていた。 1 瀬戸岩子山遺跡発掘調査報告書  鳥取県大栄町(北栄町)瀬戸  1998年 大栄町(北栄町)教育委員会 (1)まとめ  瀬戸35号境は円墳で、主体部の箱式石棺と墳裾部から子供用の箱式石棺の2基を検出した。主体部からはⅤ字状の石枕をした男性人骨と女性人骨の2体を検出し、副葬品に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆のルーツは稲飯命が建国した新羅に有った

1 『北史』『隋書』新羅伝には、「新羅の風俗、刑罰、祭祀、衣服、すべて高麗、百済と同じである。正月元旦ごとに皆で祝賀し、王は宴席を設けて来賓や官吏を招いて興じる。その日は太陽の神・月の神を祭祀して拝む。八月十五日には行楽を設け、官人に射撃競技をさせ、馬や衣服を賞品とする。大事があれば官吏が集って詳しく協議して定める」とある。 2 『北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蚊が噛む」と「すい~」について

 鳥取県中部の方言を知りたい方はハワイ笑歌村塾の歌を聞かれるとそのまんまです。方言の汚さは名古屋弁と似たり寄ったりだと思われます。  「蚊が噛む」と「すい~」を東京の人が聞くと、蚊は刺すんだよ。酸っぱいでしょう。と共通語に直させます。この方言は広島で使われているそうです。同じく鳥取県中部でも使われています。鳥取県中部と広島県とのつなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記・日本書紀関係5県(島根、三重、宮崎、奈良、和歌山)が連携して全国に情報発信する「首都圏記紀シ

古事記・日本書紀関係5県(島根、三重、宮崎、奈良、和歌山)が連携して全国に情報発信する「首都圏記紀シンポジウム」が東京で開催された 1 亡命百済人たちは、天武天皇の命によって編纂され712年に献上された原古事記を手に入れた。それを読んだ不比等をはじめとする亡命百済人たちは原古事記を百済版に改ざんし、それを列島における百済国の歴史書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more