テーマ:伊勢野の天照皇大神宮

天孫降臨は2回に分けて行われた。1回目の饒速日命と天照大御神と月読命ほか大勢の降臨

 天孫降臨は2回行われた。最初は饒速日・天照大神・月読命ほか大勢であった。  1 鳥取県江府町鏡ヶ成から降臨したのは瓊々杵か饒速日か。 高天原は蒜山高原であった。饒速日は江府町江尾神社の祭神であり、瓊々杵は長田神社と加茂神社の祭神になっている。 鏡ヶ成は猿田彦が鏡を光らせていたところであり、天鈿女がその理由を聞きに訪れたところである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹後の籠神社と新井崎神社に行ってきました

1  彦火明命を祀る籠神社です。  火火出見と天之日矛は籠神社と深く関係している。前漢鏡と後漢鏡は但馬国を建国した天之日矛が籠神社に奉納したものと思われる。 2 丹後の籠神社の祭神の彦火明命は本来火火出見であった。 (1)先代旧事本紀は、「天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊は、亦の名を天火明命、天照国照彦天火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉阪神社、神郷神社、神田神社に行ってきました

1  鳥取県琴浦町倉坂の倉阪神社(祭神、石凝姥命・事代主命・素戔嗚命・稚産霊命・大山祇命・豊櫛命)です。 2  鳥取県琴浦町大杉の神郷神社(祭神、大物主命・猿田彦命・手力男命・素戔嗚命・大山祇命・金山彦命・大日孁貴命・稚産霊命・豊櫛命)です。  倉阪神社と神郷神社の祭神である「豊櫛命」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天孫降臨五伴緒の一人 玉祖命について

天孫降臨五伴緒の一人 玉祖命について  今回、長瀬高浜遺跡を調べて分かったことは、天孫降臨で天孫と一緒に降臨した五伴緒の一人である玉祖命がどこにも行かず長瀬高浜で玉を作っていたのではないか、ということです。玉祖命は伯耆国のどの神社にも祀られていないため、長い間判らないままにしていました。  五伴緒とは 1. 天兒屋根命、---占い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天太玉命と和久産巣日命は実際に中尾集落に住んでいた

1 天孫降臨は鳥取県中部で行われ五伴緒の一人である天太玉命は中尾神社(祭神、天太玉命・和久産巣日命、伊勢崎村大字中尾鎮座)に居たとしていたが、鳥取県文化財団中尾第一遺跡発掘調査報告書(2004年)にも縄文晩期と弥生前期の遺構・遺物の発掘が記載されている。方見神社の祭神になっているのは大正2年に合併されたからである。  天孫降臨、大国主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎尾廃寺と法隆寺は同じ豪族(蘇我氏)が建てたものである

1 南原千軒遺跡報告書(平成16年)より  古代   現在県内では22ヶ所の古代寺院が見つかっているが、初期の仏教文化の姿を最もよく残し、山陰では唯一の国特別史跡に指定されている斎尾廃寺は、県内の古代寺院の多くが法起寺式伽藍配置を採用するのに対し、法隆寺式伽藍配置を採っている。  塑像片・仏頭・鴟尾・鬼瓦の他、創建期の軒丸瓦には紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

槻下(月下)集落と斎尾(斎王)廃寺に行ってきました

槻下(月下)神社の社叢。  先に見えるのが槻下(月下)本村。 斎尾(斎王)廃寺の案内板。  「槻下」は「月下」であり、「斎尾」は「斎王」であった。藤原氏は日本書紀と同じように原漢字の読みと同じ読みの別の漢字に書き換えている。徐福は斎王(斎の国の王)であった。  建立時期は白鳳時代(650年~710年)であるがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方見神社の由緒にある「外宮の月下の宮」に居たのは月読命(保食神)である

1  月読命(保食神)は伊邪那岐命が禊ぎで生んだ三貴神(天照大御神・月読命・素戔嗚命)の2番目に当たり伊邪那岐命に「お前は夜の食国を治めよ」と命じられた。天照大御神とは仲が悪くはなかった。瓊々杵命の天孫降臨に先立って天照大御神は伊勢野(鳥取県琴浦町)に月読命は槻下(鳥取県琴浦町)に降りてきた。まだ、国譲りは終わっておらず、日向の葦原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方見神社の由緒にある外宮の「月下の宮」は現在の槻下(ツキノシタ)集落のことである

1  「月下の宮」とはロマンチックなこの世にはないような宮だと思っていたが、現在の地図にのっている槻下(ツキノシタ)集落のことである。郷土史家は「この集落は加勢陀川の東にあり、山側(伊勢野か斉尾)に内宮の天照皇大神宮があった」とする。位置関係としてはピッタリである。加勢陀川の西にある旧方見郷とは文化圏が違っていたのかもしれない。いきなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取県神社誌に見る方見神社について

1  方見神社  東伯郡市勢村大字上伊勢字東屋敷  祭神 天照大御神・伊邪那岐命・伊邪那美命・鵜草葺不合尊・菅原道真・素戔嗚尊・稲荷神・品陀和氣命・天太玉命・和加産巣日神  由緒 創立年代詳ならず。往古は四至四町除地ありて社記に所在地を明記せり。その他多くの社領を有し官民の崇敬篤く、一に神宮に擬し野ノ宮斎王殿、着到殿等を構へ規模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八橋の地名由来(伝承)について

八橋の地名由来(伝承)について 八橋(鳥取県東伯郡琴浦町八橋)の地名由来(伝承)は以下のようである。 「神代の昔、大国主神の娘である高姫神が、国土経営のため、出雲から加勢蛇川のほとりまでおいでになられたとき、八岐大蛇の霊魂が、高姫神に襲いかかってきた。スサノオに討たれた八岐大蛇が、スサノオの孫である高姫神に恨みを晴らそうとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建御名方命は鳥取県琴浦町方見邑にいた

 天孫降臨において健御名方のヒントが見つからなかったので触れなかったが、琴浦町の方見郷(鳥取県中部)に居たという確信が得られたので記述します。 琴浦町の方見郷は加勢蛇川周辺にあった。邇邇芸命に先立って饒速日と同時期に天照大神が降臨したところである。 一般に記紀において伊勢国、伊勢神宮とあるのは、今の伊勢国、伊勢神宮の時もあれば、鳥取県琴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more